ビジネスマナー研修ならお任せ!業者6選

トップ > ビジネスマナー研修について > 営業マンに対するビジネスマナー研修

営業マンに対するビジネスマナー研修

 多くの企業は、常に売り上げ数字を追求しています。
何とかして売り上げを伸ばしたいと望んでいる企業も多いですが、その方法の1つは自社製品の販売数です。
製品が多く売れれば売上も伸びていくので、多くの企業では営業マンに任せています。
営業マンに頑張ってもらう訳ですが、なかなか売り上げ数字が伸びていかないケースもあります。
営業マンは日々頑張っていますが、それでも販売数があまり伸びない事もあります。
その理由は、思わぬところに潜んでいる事があります。
営業マンのマナーです。
頑張っている営業マンは、実はビジネスマナーを覚えていない事があります。
それで取引先に対する印象が悪くなり、数字が伸び悩んでしまうケースもたまにあります。
ですから売り上げ数字を伸ばしたいなら、営業マンにマナーを教える必要があります。

 例えば名刺の渡し方です。
営業活動するなら、名刺交換をするケースも多々あります。
ただし、正しい方法で交換する必要があります。
間違った方法で交換してしまいますと、常識を疑われてしまう可能性もあるからです。
それと敬語です。
尊敬語と謙譲語を誤ってしまえば、常識を疑われる可能性はあります。
ですから営業マンに対しては、名刺の渡し方や敬語を教える必要はあります。
そもそも取引先が製品を買ってくれるかどうかは、「印象」がポイントになる事も多いです。
マナーが非常識ですと、売れる製品も売れなくなってしまう可能性があります。
それでは売り上げ数字も伸び悩んでしまう可能性があるので、新人の営業マンに対しては、きちんとマナー研修を行っておく意味はあります。
逆に、営業マンのマナーが適正なら、売上数字も伸びていく可能性があります。

 ただし自社でビジネスマナー研修を実施するのも、色々大変です。
研修は膨大な時間がかかりますし、自社で研修するというよりは、むしろ研修の専門会社に任せるケースが多いです。
専門会社に、営業マンに対する研修を代行してもらう訳です。
そして研修の内容は、よく選ぶ必要があります。
そもそも専門会社の研修の内容は多彩です。
中堅社員向けの研修もあれば、新人の内定者向けの研修もありますし、管理職向けの内容もあります。
職種も色々です。
事務職向けのビジネスマナー研修もあれば、営業マン向けの研修もあります。
上述のように、営業マンにマナーを教えたいなら、営業マン向けの研修を選ぶ必要があります。
また研修の費用は、専門会社によって異なります。
自社にとって最適な研修を選ぶ為にも、色々な専門会社から見積もりを出してもらい、比較してみるのがおすすめです。

次の記事へ

先頭に戻る