ビジネスマナー研修ならお任せ!業者6選

トップ > ビジネスマナー研修について > ビジネスマナー研修と専門会社への依頼

ビジネスマナー研修と専門会社への依頼

 多くの企業には、取引先があります。
従業員としては、時には取引先の担当者と対面する事もあります。
その担当者から仕事を取ってくる事もあれば、何らかの理由で一緒に飲む事も少なくありません。
問題は、その担当者に対するマナーです。
若い従業員は、その担当者に対するマナーを覚えていない事もあります。
いわゆるビジネスマナーです。
例えば名刺の交換方法を覚えていない若手社員は多いですし、敬語の使い方の問題もあります。
その他にも上座や下座など色々なマナーがあります。
そのマナーを理解していなければ、取引先の担当者に失礼な行動をしてしまう可能性もある訳です。
ですから新入社員にビジネスマナーを教えておく事は、意味があります。
ただしマナーを教えるだけでなく、その理由も教える必要があります。

 確かにビジネスマナーを教える事は大切ですが、その「意義」や「理由」も理解している必要があります。
作法やマナーには、必ず何らかの意味はあります。
根本的な意味や理由を理解していなければ、なかなか新入社員はビジネスマナーを覚えてくれない事もあります。
いわゆる「慣習的な理由」というだけでは、今ひとつ説得力に欠けてしまい、なかなか覚えてくれない事があります。
ですからマナーを教わる側に対して、「理由」を考えさせる事も必要です。
自分の頭で考えて理解する事で、スムーズにマナーも覚えられる事が多いからです。
名刺交換のやり方を教えるのは簡単ですが、「なぜ」名刺交換の正しい方法を知っておくべきかを、社員に教えておくのが望ましい訳です。
ある意味ビジネスマナーの本質を教える事になります。

 社員にマナーや理由を教えるなら、ビジネスマナー研修も必要です。
問題は、その研修に割く時間です。
そもそも会社には、色々やるべき事があります。
新入社員に教育をする事も大切ですが、企業の業務内容は新人教育だけではありません。
販売や製造や経理など、色々やるべきことはあります。
それだけに自社で研修を行いますと、時間が取られてしまう事も多いです。
研修に膨大な時間を取られてしまい、販売や経理の時間を確保できないのも問題です。
このため多くの企業は、ビジネスマナー研修の代行を依頼しています。
研修の専門会社に新人教育を任せる訳です。
代行依頼するなら、費用もかかります。
たいてい社員1人につき2万円前後になります。
ですが上述の時間の問題もありますし、自社で研修をするのも手間が大きいので、マナー研修の代行を依頼している企業も多いです。

次の記事へ

先頭に戻る